シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ) | ScanNetSecurity
2019.11.22(金)

シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

IIJは、同社のシンガポール現地法人IIJ Global Solutions Singapore Pte. Ltd.が、クラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は6月29日、同社のグループ会社で、シンガポール現地法人であるIIJ Global Solutions Singapore Pte. Ltd.が、クラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得したと発表した。この認証は、シンガポール情報通信開発庁(IDA)の外郭団体であるInformation Technology Standards Committee(ITSC)が運営するクラウドセキュリティの公的な認定制度「Multi-Tier Cloud Security(MTCS) Singapore Standard 584 Level-1」で、6月20日付で取得した。

その内容は、クラウドサービスにおけるデータの安全性や機密性の確保、およびクラウド運用基盤の透明性を評価するものとなっている。IIJグループがシンガポール国内で提供しているクラウドサービス「IIJ GIO Singaporeサービス」の仮想サーバサービスが、リスク管理や包括的な管理プロセスの採用などMTCS Level-1の認証要件に適合していると認められ、取得に至った。本認証の更新は3年ごとで、毎年情報セキュリティ監査を受けることが義務化されている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×