新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA) | ScanNetSecurity
2019.11.21(木)

新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

IPAは、新たに創設される「情報処理安全確保支援士」と現行の「情報セキュリティスペシャリスト試験(SC試験)」の位置付けについて発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は6月27日、新たに創設される「情報処理安全確保支援士」と現行の「情報セキュリティスペシャリスト試験(SC試験)」の位置付けについて発表した。これは、経済産業省が2016年4月27日に、国家資格となる「情報処理安全確保支援士」制度を2016年度内に新たに創設するとともに、「情報処理安全確保支援士試験(支援士試験)」を2017年度から実施することを公表したことを受けたもの。

IPAでは試験制度の枠組みを変更し、これまで情報処理技術者試験制度の枠組みの中で実施してきたSC試験を2016年10月(平成28年度秋期試験)をもって廃止し、2017年4月(平成29年春期試験)から支援士試験として実施する。なお、現行のSC試験と支援士試験のレベルは同等の位置付けとし、過去の試験区分(情報セキュリティアドミニストレータ試験 [SU] 、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験 [SV] )の合格者も支援士の有資格者となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×