国家機密漏えいにより中国人暗号技術者に対し死刑宣告 ~ 他に31人がスパイ行為で収監(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

国家機密漏えいにより中国人暗号技術者に対し死刑宣告 ~ 他に31人がスパイ行為で収監(The Register)

国営メディアによると、Yuは自身の仕事に不満を抱くようになった後、国名は明かされていないが外国の情報機関に文書の売買を持ちかけた。

国際 TheRegister
外国の情報機関に国家機密を売り渡した罪で、中国の国立暗号研究所のコンピュータ技術者に死刑が宣告された。

Huang Yu(48歳)は9年に渡り15万件の国家文書を「外国の諜報機関」に売り渡し、70万ドルを得ていた、と上海日報が報じている。これには中国共産党、政府、軍、金融関係の通信用暗号も含まれる。

《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×