山口英氏が死去--日本の情報セキュリティ発展に尽力(奈良先端大) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

山口英氏が死去--日本の情報セキュリティ発展に尽力(奈良先端大)

奈良先端大は、同大学情報科学研究科 インターネット工学研究室の教授、山口英氏が5月9日に死去したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
奈良先端科学技術大学院大学(奈良先端大)は5月12日、同大学情報科学研究科 インターネット工学研究室の教授、山口英氏が5月9日に死去したと発表した。享年52歳。山口氏は天理市内の病院で病気療養中だったという。

山口氏は1964年静岡に生まれ、大阪大学基礎工学部情報工学科を卒業後、奈良先端大で教授を務め、JPCERT/CCの設立および初代代表、内閣官房情報セキュリティ対策推進室の初代情報セキュリティ補佐官を務めるなど、日本の情報セキュリティ発展に尽力したほか、FIRST理事も務めた。なお、お別れ会を予定している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×