次世代ファイアウォールの中規模事業所向け2モデルを発売(キヤノンITS) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

次世代ファイアウォールの中規模事業所向け2モデルを発売(キヤノンITS)

キヤノンITSは、中規模事業所向けの次世代ファイアウォール「Clavister Wolfシリーズ」を5月11日より販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は4月20日、中規模事業所向けの次世代ファイアウォール「Clavister Wolfシリーズ」を2016年5月11日より販売開始すると発表した。150名~2,000名規模の事業所向けの製品となっており、「Clavister W20」と「Clavister W30」の2モデルが用意される。また同製品は、スターティア株式会社が提供するネットワークサポートサービス「GateCare」に採用されており、スターティアは「Clavister」に独自のサポートサービスを加えて販売する。

同製品は、アンチスパム、IDP、Webフィルタリングなど複数のセキュリティ機能をオールインワンで搭載した次世代ファイアウォール。1台で通信経路の出入り口に多段防御を構築できるため、ランサムウェアの対策にも有効であるとしている。また、オープンソースのソフトウェアを使用していないため、それらの脆弱性の影響を受けず、イメージサイズ17MBのファームウェアにより、軽快な動作を実現している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×