協業により多要素認証プラットフォームを発売(クオリティソフト、DDS) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

協業により多要素認証プラットフォームを発売(クオリティソフト、DDS)

クオリティソフトは、DDSと協業を開始したと発表した。DDSが開発する指紋認証ユニット「UBFシリーズ」と、指紋認証システム「EVEシリーズ」を、多要素認証プラットフォーム「Quality EVEシリーズ」として提供開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
クオリティソフト株式会社は3月24日、株式会社ディー・ディー・エス(DDS)と協業を開始したと発表した。この協業により、DDSが開発する指紋認証ユニット「UBFシリーズ」と、指紋認証システム「EVEシリーズ」を、多要素認証プラットフォーム「Quality EVEシリーズ」として同日より提供開始する。

Quality EVEシリーズは、指紋、静脈、ICカードなど複数の認証方式による多要素認証を提供するもので、指紋認証においては独自の解析技術により指紋登録率100%を実現している。また将来的には、エンドポイントセキュリティソリューション「QNDシリーズ」「ISM CloudOne」コンソールでのEVEシリーズの導入状況把握や、EVEシリーズの認証ログを「QNDシリーズ」「ISM CloudOne」の操作ログに統合するなどの開発も計画しているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×