巧妙に画像を用いた「ドラゴンクエストX」を騙るメールを確認(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2022.01.29(土)

巧妙に画像を用いた「ドラゴンクエストX」を騙るメールを確認(フィッシング対策協議会)

 フィッシング対策協議会は9日、スクウェア・エニックスのゲーム「ドラゴンクエストX」を騙るメールが出回っているとして、注意を呼びかけた。

脆弱性と脅威 脅威動向
 フィッシング対策協議会は9日、スクウェア・エニックスのゲーム「ドラゴンクエストX」を騙るメールが出回っているとして、注意を呼びかけた。

 それによると、「[スクウェア・エニックス アカウント]のお知らせ」というタイトルのスパムメールが出回っているとのこと。9日時点ではフィッシングサイトは稼働しており、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼済みとのこと。

 メールは、ドラクエの画像を使用したHTMLメールとなっており、表示されるURLも一見本物だが、実際には偽装されており、「http://hiroba.dqx.jp.mcsu.●●●●.cc」などの偽サイトに誘導される。

 「ドラゴンクエストX」を騙るフィッシングサイトは、過去にも周期的に出現している。最近では2014年6月、2015年1月、2015年7月などに、偽メールの流行と偽サイトの出現があり、同協議会が注意を呼びかけている。過去のメールは、テキストベースのもので見破りやすかったが、今回のメールは、巧妙に画像を用いているため、要注意だといえる。

 今後もひきつづき類似の偽メール・偽サイトが出現する可能性もある。協議会ではこのようなフィッシングサイトでアカウント情報(IDやパスワード)などを絶対に入力しないように注意を呼びかけている。

「ドラゴンクエストX」、詐欺メールも“進化”で要注意

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×