米裁判所からのiPhoneのロック解除の協力要請を拒否(アップル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

米裁判所からのiPhoneのロック解除の協力要請を拒否(アップル)

 アップルは16日(現地時間)、米裁判所から出されていたiPhoneのロック解除についての協力要請に対し、拒否する考えをティム・クックCEOの名前で発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 アップルは16日(現地時間)、米裁判所から出されていたiPhoneのロック解除についての協力要請に対し、拒否する考えをティム・クックCEOの名前で発表した。

 昨年12月に米カリフォルニア州サンバーナディーノで起きた銃乱射事件の捜査過程で、容疑者の所有していたiPhoneを解明したいとして、アップルに協力を要請。米地方裁判所が捜査当局の訴えを認めてアップル側に協力するよう命じていた。

 iPhoneは、パスワードを10回間違えるとデータが消えてしまうように設定されているが、捜査当局はデータが消えないように暗号の鍵を作成するよう求めていた。これに対しアップルは裁判所命令の拒否を表明したことになる。

 アップルは、捜査当局の要請を拒否したことについて、「これが前例となりかねない」として「今回拒否したことは、すべての人の最善の利益になると考えています」と主張している。

アップル、銃乱射事件容疑者のiPhoneロック解除を拒否「すべての人に最善の方法」

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×