SMBや分散型エンタープライズ向けのUTMアプライアンス、2シリーズを発売(ウォッチガード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

SMBや分散型エンタープライズ向けのUTMアプライアンス、2シリーズを発売(ウォッチガード)

ウォッチガードは、企業向けUTMアプライアンスのFireboxファミリに「Firebox T30 / T30-W」「Firebox T50 / T50-W」の2シリーズ、4機種を新たに投入した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は2月17日、企業向けUTM(統合脅威管理)アプライアンスのFireboxファミリに「Firebox T30 / T30-W」「Firebox T50 / T50-W」の2シリーズ、4機種を新たに投入したと発表した。Firebox T30 / T50は、中堅・中小規模企業(SMB)および分散型エンタープライズに特化したモデルという位置づけとなる。

同シリーズは、最大1.2Gbpsのファイアウォールスループット、最大165MbpsのUTMスループットを実現し、暗号化通信にも対応するパフォーマンスを持つ。また、AC電源が不要なPoEポートを標準で装備し、アクセスポイントや監視カメラなどを容易に実装できる。マルウェア検知には、フルシステムエミュレーションによるクラウドベースの次世代型サンドボックスを採用、サンドボックスを回避するマルウェアも検知する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×