SMBや分散型エンタープライズ向けのUTMアプライアンス、2シリーズを発売(ウォッチガード) | ScanNetSecurity
2022.09.28(水)

SMBや分散型エンタープライズ向けのUTMアプライアンス、2シリーズを発売(ウォッチガード)

ウォッチガードは、企業向けUTMアプライアンスのFireboxファミリに「Firebox T30 / T30-W」「Firebox T50 / T50-W」の2シリーズ、4機種を新たに投入した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は2月17日、企業向けUTM(統合脅威管理)アプライアンスのFireboxファミリに「Firebox T30 / T30-W」「Firebox T50 / T50-W」の2シリーズ、4機種を新たに投入したと発表した。Firebox T30 / T50は、中堅・中小規模企業(SMB)および分散型エンタープライズに特化したモデルという位置づけとなる。

同シリーズは、最大1.2Gbpsのファイアウォールスループット、最大165MbpsのUTMスループットを実現し、暗号化通信にも対応するパフォーマンスを持つ。また、AC電源が不要なPoEポートを標準で装備し、アクセスポイントや監視カメラなどを容易に実装できる。マルウェア検知には、フルシステムエミュレーションによるクラウドベースの次世代型サンドボックスを採用、サンドボックスを回避するマルウェアも検知する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×