Linode の SSH キーの大失態で、バーチャルサーバが数か月間 MITM 攻撃の危険に晒される~いますぐにキーの再生成を(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

Linode の SSH キーの大失態で、バーチャルサーバが数か月間 MITM 攻撃の危険に晒される~いますぐにキーの再生成を(The Register)

国際 TheRegister

ウェブホスティング企業の Linode が、顧客のバーチャルマシンのセキュリティで失態を犯した。それは攻撃者が SSH 接続を盗聴でき、またそれを乗っ取ることもできる問題だった。

2015年11月10日から2016年2月4日までの間、Linode の Ubuntu 15.10 image をインストールしたノードは、全て同じ SSH サーバーキーを利用している。通常、Linux ディストリビューションのインストールの際には一意的なキーが生成されるが、この数か月のケースにおいて、それは起こらなかったようだ。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×