「おうちのCSIRT」を目指す「情報セキュリティハンドブック」を公開(NISC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

「おうちのCSIRT」を目指す「情報セキュリティハンドブック」を公開(NISC)

NISCは、「情報セキュリティハンドブック」を公開した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は2月1日、「情報セキュリティハンドブック」を公開したと発表した。同ハンドブックはネットワークビギナーを対象に、身近な話題からサイバーセキュリティに関する基本的な知識を紹介し、学んでいくことを目的としたもの。また、家族や仲間、サークルなどで最初のセキュリティに詳しい人(おうちのCSIRT)になり、周囲にサイバー攻撃の怖さやセキュリティの大切さを広めて欲しいとしている。

今回公開されたのは第1章「基本のセキュリティ~ステップバイステップでセキュリティを固めよう!」のみで、「4つのポイントでセキュリティを守る」「環境を最新に保つ、セキュリティソフトを導入する」「複雑なパスワードと多要素認証で侵入されにくくする」「攻撃されにくくするには、手間(コスト)がかかるようにする」「心の隙を作らないようにする(対ソーシャルエンジニアリング)」という構成となっている。全34ページのPDFファイルとなっており、無償でダウンロードできる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×