フィッシング攻撃に泥を吐いた 2 要素認証の LastPass がロックダウン~パスワードの金庫室を略奪するフィッシングの餌が、Github で公開される(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

フィッシング攻撃に泥を吐いた 2 要素認証の LastPass がロックダウン~パスワードの金庫室を略奪するフィッシングの餌が、Github で公開される(The Register)

通常ならば、金庫室にアクセスするためのマスターパスワードが公式のウェブサイト以外のあらゆるウェブサイト上で入力された場合、LastPass は警告を発する。攻撃者は、その警告の表示をブロックすることができた。

国際 TheRegister
【Shmoocon】
「パスワード管理のクラウドの城 LastPass に対し、犯罪者がデータを完璧に写し取るフィッシング攻撃を行うことで、その金庫室を略奪できるコード」をセキュリティ研究者の Sean Cassidy が公開した。これを受けて、LastPassはすべての新しいデバイスでのサインインを義務的に要求するようにした。

今日(編集部註:2015年1月18日)現在、2 要素認証を設定しているユーザーは、LastPass にサインインする際に利用しているデバイスを承認するため、彼らの登録したメールアカウントに飛ばなければならないはずだ。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×