FireEye が炎に包まれる:たった一通のメールで、ネットワーク全体へのアクセスが可能に~Google Project Zero が欠陥を発見、情報の胃袋に空いた穴を埋めるパッチはすでに到着(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

FireEye が炎に包まれる:たった一通のメールで、ネットワーク全体へのアクセスが可能に~Google Project Zero が欠陥を発見、情報の胃袋に空いた穴を埋めるパッチはすでに到着(The Register)

国際 TheRegister

Google のセキュリティ研究チーム「Project Zero」の研究者たちが、FireEye のキットに粗暴なセキュリティホールがあることを発見した。それを利用した攻撃者は、たった一通のメールで企業ネットワークを蹂躙することができる。

この欠陥(Project Zero の脆弱性の研究員たちから「666」と呼ばれている)はパッシブモニタリングのセキュリティホールで、名高いハッカーの Tavis Ormandy は、それを「悪夢のシナリオ」と表現した。
《翻訳:フリーライター 江添 佳代子》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×