月例セキュリティ情報12件を公開、最大深刻度「緊急」は8件(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.03.26(日)

月例セキュリティ情報12件を公開、最大深刻度「緊急」は8件(日本マイクロソフト)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

日本マイクロソフト株式会社は12月9日、2015年12月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は12件で、このうち最大深刻度「緊急」が8件、「重要」が4件となっている。修正された脆弱性は、CVEベースで71件(重複12件)。今回発表された内容は以下の通り(深刻度順)。

「緊急」
MS15-124:Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(3116180)要再起動
MS15-125:Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(3116184)要再起動
MS15-126:リモートでのコード実行に対処する JScript および VBScript 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(3116178)再起動が必要な場合あり
MS15-127:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Windows DNS 用のセキュリティ更新プログラム(3100465)要再起動
MS15-128:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム(3104503)要再起動
MS15-129:リモートでのコード実行に対処する Silverlight 用のセキュリティ更新プログラム(3106614)再起動不要
MS15-130:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Uniscribe 用のセキュリティ更新プログラム(3108670)要再起動
MS15-131:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム(3116111)再起動が必要な場合あり

「重要」
MS15-132:リモートでのコード実行に対処する Microsoft Windows 用のセキュリティ更新プログラム(3116162)再起動が必要な場合あり
MS15-133:特権の昇格に対処する Windows PGM 用のセキュリティ更新プログラム(3116130)要再起動
MS15-134:リモートでのコード実行に対処する Windows Media Center 用のセキュリティ更新プログラム(3108669)再起動が必要な場合あり
MS15-135:特権の昇格に対処する Windows カーネル モード ドライバー用のセキュリティ更新プログラム(3119075)要再起動

このうち、MS15-124(CVE-2015-6164)およびMS15-135(CVE-2015-6175)は脆弱性情報が一般に公開されていた。また、MS15-131(CVE-2015-6124)およびMS15-135(CVE-2015-6175)は脆弱性の悪用が確認されていた。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Apache Struts2」に任意コード実行の脆弱性、至急の対策を呼びかけ(IPA)

    「Apache Struts2」に任意コード実行の脆弱性、至急の対策を呼びかけ(IPA)

  2. Microsoft Windows の Win32k.sys に Bitmap オブジェクトにおける整数オーバーフローにより権限が昇格可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows の Win32k.sys に Bitmap オブジェクトにおける整数オーバーフローにより権限が昇格可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  3. 「Apache Tomcat」に通信内容が漏えいする脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

    「Apache Tomcat」に通信内容が漏えいする脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  4. データを破壊するワイパー型マルウェアの新種を発見(カスペルスキー)

  5. 「SHA-1衝突の実現」に対し、SHA-1電子署名への影響と対策を発表(JNSA)

  6. Linux システムの ntfs-3g において scrub の不備により管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  7. Oracleが「Java SE」のアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC)

  8. Windowsに感染しLinuxベースのIoTデバイスにMiraiを配信するマルウェア(カスペルスキー)

  9. Windows OSのパッチ適用がユーザに浸透、それ以外のパッチ未適用率は上昇(フレクセラ)

  10. HTTPS通信監視機器がHTTPS通信のセキュリティ強度を低下させる可能性(JVN)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×