マルバタイジング:ネット広告のモデルが、いかに犯罪者を儲けさせるのか~そして……すべての金銭的な損害の責任は、誰が負うのか?(その 2)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

マルバタイジング:ネット広告のモデルが、いかに犯罪者を儲けさせるのか~そして……すべての金銭的な損害の責任は、誰が負うのか?(その 2)(The Register)

国際 TheRegister

●収益と責任
米国では過去 1 世紀における広告費が終始平均化しており、GDP の 1% から 2%の間となっている。この数字は、世界の最も裕福な国々の多くで見られるものだ。

広告業界は世界中で極めて価値が高く、またオンライン広告の生態系に関わる事業者──パブリッシャーや広告ネットワークそのものから、在庫販売業者、そして最終的には「その在庫を購入する顧客」も含めて──の数(の多さ)が示しているのは、「マルバタイジングのインシデントによる損失の責任追及は極めて難しい」ということである。

テクノロジーやアウトソーシングの弁護士で、Osborne Clarke のパートナーでもある Osborne Clarke は、このビジネスの連鎖が「責任を追求する市民のプロセス」に困難を生じさせるかもしれないと The Register に語った。

「一部では、その過失に対する損害請求も起こるだろう。だが、そのためには『適切に注意を払うことを怠った人々』を示さなければならない」と彼は語った。その連鎖に関わっている全ての事業者たちは、おそらく莫大な証拠立てをするだろう(それが得意であるかどうかはともあれ)。とりわけ、非常に小さな関与しかしていない企業の場合は。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×