「ネットワークのセキュリティ上の脆弱性」の主張にゲノム研究者が反撃~「ハッカーは、あなたがどんな病気を持っているのかを特定できる──しかし、まずはあなたの唾液が必要だ」(The Register) | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

「ネットワークのセキュリティ上の脆弱性」の主張にゲノム研究者が反撃~「ハッカーは、あなたがどんな病気を持っているのかを特定できる──しかし、まずはあなたの唾液が必要だ」(The Register)

「実在するひとつの Beacon で、たった1,000 の SNP クエリを用いて、我々は Personal Genome Project から『一人の個人のゲノム』の存在を検出することができた」

国際
【文末に追加更新情報あり】
The Global Alliance for Genomics & Health(GA4GH)による「ゲノム・シェアのネットワーク」の脆弱性を、スタンフォード大学の 2 人の研究者が発見したが、GA4GH はそれを軽視している。

スタンフォード大学の遺伝学の博士研究員、Carlos Bustamante と Suyash Shringarpure は、「The Beacon Project」のセキュリティに対する懸念を表明する論文の中で、そのデータから個人を再特定することの容易さを示した。

しかし同ネットワークの運用の責任者である GA4GH は、「すでに攻撃者が被害者の──あるいは近親者の──ゲノムにアクセスしている、という特別なシナリオ」でなければ個人の再特定は不可能であり、そのようなものは、さらなる悪質な行動のための攻撃ベクトルではないと語った。
《》

編集部おすすめの記事

特集

国際ニュース

国際 アクセスランキング

  1. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  2. ペンタゴン、日常的にハッカー攻撃を受ける(米国防総省)

    ペンタゴン、日常的にハッカー攻撃を受ける(米国防総省)

  3. 謎のランサムウェア攻撃で Git のコミット消失、救出と引換にビットコイン要求の模様(The Register)

    謎のランサムウェア攻撃で Git のコミット消失、救出と引換にビットコイン要求の模様(The Register)

  4. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×