「ネットワークのセキュリティ上の脆弱性」の主張にゲノム研究者が反撃~「ハッカーは、あなたがどんな病気を持っているのかを特定できる──しかし、まずはあなたの唾液が必要だ」(The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.24(土)

「ネットワークのセキュリティ上の脆弱性」の主張にゲノム研究者が反撃~「ハッカーは、あなたがどんな病気を持っているのかを特定できる──しかし、まずはあなたの唾液が必要だ」(The Register)

「実在するひとつの Beacon で、たった1,000 の SNP クエリを用いて、我々は Personal Genome Project から『一人の個人のゲノム』の存在を検出することができた」

国際 TheRegister
【文末に追加更新情報あり】
The Global Alliance for Genomics & Health(GA4GH)による「ゲノム・シェアのネットワーク」の脆弱性を、スタンフォード大学の 2 人の研究者が発見したが、GA4GH はそれを軽視している。

スタンフォード大学の遺伝学の博士研究員、Carlos Bustamante と Suyash Shringarpure は、「The Beacon Project」のセキュリティに対する懸念を表明する論文の中で、そのデータから個人を再特定することの容易さを示した。

しかし同ネットワークの運用の責任者である GA4GH は、「すでに攻撃者が被害者の──あるいは近親者の──ゲノムにアクセスしている、という特別なシナリオ」でなければ個人の再特定は不可能であり、そのようなものは、さらなる悪質な行動のための攻撃ベクトルではないと語った。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×