C&C サーバはいらない:ロシアが「オフラインのランサムウェア」で脅迫~テイクダウンするのが難しい、だろう?(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

C&C サーバはいらない:ロシアが「オフラインのランサムウェア」で脅迫~テイクダウンするのが難しい、だろう?(The Register)

そのマルウェアに関しては、ロシア語の複数のフォーラムが 2014 年 6 月に初めて言及していたことを、そのセキュリティ研究者たちが発見している。それから今日までの間に、11 の新しいバージョンが報告された。

国際 TheRegister
悪党たちが、オフラインで動作する新種のランサムウェアを作り上げている。それは結果として、ますます「法執行機関にテイクダウンされにくいもの」になるかもしれない。

そのランサムウェアファミリー(複数のアンチウィルス企業が、様々な名前で識別している)は、全体の復号キーをローカルに格納せず──そしてインターネットに接続する必要もなく──感染した Windows PC 上のファイルを暗号化できると、セキュリティ企業の Check Point は報告している。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×