Nexus 6P向けにAndroidセキュリティパッチレベルを更新(ソフトバンク) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

Nexus 6P向けにAndroidセキュリティパッチレベルを更新(ソフトバンク)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ソフトバンクは6日、同日に発売されたAndroidスマートフォン「Nexus 6P」向けに最新アップデートの提供を開始した。留守番電話機能が利用できない不具合の改善などが行われる。

 最新アップデートでは、ボイスダイヤル機能(留守番電話サービス)が利用できない事象の改善とGoogleが提供する「Androidセキュリティパッチレベル」の更新が行われる。

 アップデートは手動で行い、ホーム画面から「設定」→「端末情報」→「システムアップデート」→「ダウンロード」の順で操作する。ステータスバーに更新マークがついているので、そこからの更新も可能。ビルド番号が「MDB08L」になっていれば更新は完了となる。アップデートには最大で20分ほどかかる。

 「Nexus 6P」は、Android 6.0 Marshmallowを搭載する5.7型スマートフォン。解像度2,560×1,440ピクセル/518ppiの高精細有機ELディスプレイを搭載するなどハイスペックなモデルで、日本ではソフトバンクが独占で販売する。

ソフトバンク、本日発売の「Nexus 6P」で不具合改善のアップデート

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×