サイバー攻撃対策サービスに「調べる」「直す」「守る」の“3本の矢”(NTTソフトウェア) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

サイバー攻撃対策サービスに「調べる」「直す」「守る」の“3本の矢”(NTTソフトウェア)

NTTソフトウェアは、企業・団体などをサイバー攻撃の脅威から守るセキュリティサービス「TrustShelter」のラインアップに、「セキュリティ自動診断サービス」「脆弱性対処支援サービス」「不正通信可視化サービス」の3サービスを追加し、12月1日より順次販売していく。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NTTソフトウェア株式会社は10月29日、企業・団体などをサイバー攻撃の脅威から守るセキュリティサービス「TrustShelter」のラインアップに、「セキュリティ自動診断サービス」「脆弱性対処支援サービス」「不正通信可視化サービス」の3サービスを追加し、12月1日より順次販売していくと発表した。サイバー攻撃対策をサービス型で提供することで、タイムリーかつ低価格での導入が可能となる。

今回のラインアップ追加で、TrustShelterは「調べる(リスク実態把握)」「直す(日々発生する脆弱性への対応)」「守る(検知・防御などリスク状況に応じた対策措置)」の、言わばセキュリティ対策の"3本の矢"を顧客に提供できるようになったとしている。専門知識がなくても、安価・迅速に対策を実施できるため、導入が遅れている企業、早急に行いたい企業、セキュリティ専門家がいない中堅中小企業などに最適なサービスとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×