サイバー攻撃対策サービスに「調べる」「直す」「守る」の“3本の矢”(NTTソフトウェア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

サイバー攻撃対策サービスに「調べる」「直す」「守る」の“3本の矢”(NTTソフトウェア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NTTソフトウェア株式会社は10月29日、企業・団体などをサイバー攻撃の脅威から守るセキュリティサービス「TrustShelter」のラインアップに、「セキュリティ自動診断サービス」「脆弱性対処支援サービス」「不正通信可視化サービス」の3サービスを追加し、12月1日より順次販売していくと発表した。サイバー攻撃対策をサービス型で提供することで、タイムリーかつ低価格での導入が可能となる。

今回のラインアップ追加で、TrustShelterは「調べる(リスク実態把握)」「直す(日々発生する脆弱性への対応)」「守る(検知・防御などリスク状況に応じた対策措置)」の、言わばセキュリティ対策の"3本の矢"を顧客に提供できるようになったとしている。専門知識がなくても、安価・迅速に対策を実施できるため、導入が遅れている企業、早急に行いたい企業、セキュリティ専門家がいない中堅中小企業などに最適なサービスとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×