それで結局、インターネットコミュニティは、NSA による暗号解読に対して何をしているのだ?~長すぎる文章だが、つまりは「1024 ビット鍵の利用を止めよ」……それは 2005 年に語られたことだ(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

それで結局、インターネットコミュニティは、NSA による暗号解読に対して何をしているのだ?~長すぎる文章だが、つまりは「1024 ビット鍵の利用を止めよ」……それは 2005 年に語られたことだ(The Register)

国際 TheRegister

いまやすっかり秘密は知れ渡り、NSA が(潜在的に)膨大な量のインターネットトラフィックの暗号を解読してきたことが明白となったからには、次の疑問が持ち上がるのは必然だ。「インターネットのエンジニアたちは、それについて何をする予定なのか?」

Internet Engineering Task Force(IETF)の専門家たちは明らかに、その問題について熟考してきた。IETF の議長 Jari Arkko と、セキュリティ専門家 Paul Wouters は木曜日(編集部註:2015 年 10 月 22 日)、ブログの記事の中で、インターネットのセキュリティを強化する方法について概説した。

その記事のタイトルは、セキュリティ・フラップの中心における、重要な要素を示している。すなわち「Diffie-Hellman 鍵交換プロトコル」だ。
《翻訳:フリーライター 江添 佳代子》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×