報告書曰く「検索エンジンは『ボスが存在を知らない核施設の VPN』を検出できる」~研究結果は「役員レベルの認識の欠如」を警告(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

報告書曰く「検索エンジンは『ボスが存在を知らない核施設の VPN』を検出できる」~研究結果は「役員レベルの認識の欠如」を警告(The Register)

国際 TheRegister

本日(編集部註:2015年10月5日)発表された報告書が、「原子力産業は自身のサイバーセキュリティの欠点を認識していない」と主張している。発電が妨害された場合の影響や、それに関連した問題は理解されているものの、そのようなインシデントを防ぐためのサイバー面での取り組みが不足しているという。

検索エンジンでは「いますぐにでも、重要なインフラのコンポーネントを VPN で特定する」ことが可能であり、それらの一部は発電所だ、と同報告書は付け加えている。さらに施設のオペレーターたちが、それらを「認識していないこともある」とも述べている。

「原子力発電所は、自身のサイバー面での脆弱性を理解していない」と述べた Chatham House の報告は、世界中の施設に影響を及ぼしている産業的、文化的、技術的な困難を見出している。特に指摘されているのは「役員レベルの認識の欠如」だ。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×