監視カメラの撮影映像をデータセンターで保管、PCやスマートフォンから確認も可能(ALSOK) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

監視カメラの撮影映像をデータセンターで保管、PCやスマートフォンから確認も可能(ALSOK)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ALSOK(綜合警備保障)は13日、監視カメラの撮影映像をデータセンターで保管する「ALSOK画像クラウドサービス」を15日より販売することを発表した。

 同サービスを利用することで、監視カメラの撮影映像が同社のデータセンターで最長1年間まで保管される。その他に、侵入を検知して静止画像付きメールを利用者に送信したり、保管された録画映像をPCやスマートフォンなどから確認することなどができる。

 主要なメーカーのネットワークカメラに加えて、アナログカメラにも対応するなど、既存の監視カメラシステムを利用することもできる。価格は監視カメラ1台、映像保管30日で、月額4,900円からとなっている。

 今回のサービスは、マイナンバー制度の開始を見据えて、オフィスのセキュリティ強化が求められているなかで、データの管理をALSOKに任せることで機械トラブルによる記録停止や災害時のデータ消失を防ぎ、クラウドを介することで利用者の使い勝手の向上、導入コストの削減を実現している。

利用者に代わって監視カメラ映像を最長1年保管……ALSOK画像クラウドサービス

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×