マイナンバーを誤記載した住民票を交付(茨城県取手市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

マイナンバーを誤記載した住民票を交付(茨城県取手市)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 茨城県取手市は13日、個人番号(マイナンバー)を誤記載した住民票を交付したとして、経緯と対応を公表した。10月9日に市民からの連絡で、誤記載が発覚したという。

 それによると、10月5日~9日の期間、市内の自動交付機で発行された住民票69名分に、個人番号が記載されていた。本来、自動交付機による住民票発行では、個人番号は記載されないはずだったが、設定を委託された業者が確認を怠ったため、誤記載が発生した。

 取手市では、10月9日午後2時過ぎ、取手本庁舎および藤代庁舎の自動交付機を停止。業者に自動交付機の設定を行うよう指示し、午後2時30分ごろに復旧したとのこと。対象者には、市民課職員が自宅訪問し、謝罪するとともに新たな住民票を準備し差し替えを依願した。

マイナンバーを住民票に誤記載……取手市が経緯を説明

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×