日本に特化したセキュリティ情報を取得するため日立製作所と提携(米HP) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

日本に特化したセキュリティ情報を取得するため日立製作所と提携(米HP)

 米ヒューレット・パッカード(HP)は現地時間6日、日本に特化したセキュリティ情報を取得するため、日立製作所との提携を開始した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米ヒューレット・パッカード(HP)は現地時間6日、日本に特化したセキュリティ情報を取得するため、日立製作所との提携を開始した。

 HPのセキュリティ情報共有プラットフォーム「HP Threat Central」を強化し、日本の情報を提供するのが狙い。「HP Threat Central」は、自動化されたオープンな情報共有と文脈分析により、企業や組織がサイバー脅威に対応することを支援するサービスだ。またこれらの情報は、定期発行される「HP Security Research」レポートにも掲載される。

 HP Security Researchは「HP Global Threat Intelligence Alliance」を設立しており、日立がこれに加盟する。実際に日本ではサイバー犯罪による金銭的な影響が増加しており、Ponemon Institute社の調査によれば、過去4年間で約68%増加しているという。

HPと日立、サイバー脅威に関する情報共有で提携

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×