「Sony のハッキングは戦争だった」と言う FBIは「才能のある人材の確保に苦しんでいる」~サイバー犯罪者は国内にいれば安全だが「海外へ出られるものなら出てみろ」(その 2)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

「Sony のハッキングは戦争だった」と言う FBIは「才能のある人材の確保に苦しんでいる」~サイバー犯罪者は国内にいれば安全だが「海外へ出られるものなら出てみろ」(その 2)(The Register)

Wallach は、現在も FBI が才能のある人材を補充するのに苦労していると指摘した。FBI の 56 の現地オフィスのうち 5 つには、1 人のコンピュータ科学者すらも割り当てられていない。

国際 TheRegister
●国際協力

Wallach によれば、FBI は(FBI に該当する英国の機関と同様に)「NCFTA の協力モデルが海外のパートナーを含めるように拡大すること」に注力している。Wallach は以前、スイスのベルンにあるオフィスで、FBI Legal Attache プログラムを担当していた。

FBI には、完全運用型の 60 の Legal Attache オフィスと 15 のサブオフィスがあり、165 人のエージェントと 103 人のサポート人員、計 268 人の従業員が世界中に配備している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×