電界通信を利用したハンズフリー認証システムを展示(アドソル日進) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

電界通信を利用したハンズフリー認証システムを展示(アドソル日進)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 アドソル日進は東京ビッグサイトで2日まで開催されていた「フードセーフティージャパン2015」にて、電界通信を利用したハンズフリー認証システムの展示などを行った。

 電界通信とは、小型のタグを持つ人の周辺に変調電界を発生させ、その変調をセンサーが読み取るという認証システムとなっている。入退室管理では、センサーに手などをかざすだけで、タグやカードをわざわざかざすことなく個人認証ができる。

 カードタッチ式と比べると、両手が塞がっている場合や、手袋などをしている場合でも、体の一部をセンサーに触れさせるだけで個人認証が行えるため、食品工場や医療機関などでの導入に適したシステムとなっている。

 床マット型のセンサーを使用すれば、入り口や作業場所に設置したマットの上を歩行、乗るだけで個人認証を行えるため、ハンズフリーなどノーアクション認証を行うことも可能。

床のマットを踏むだけで認証ができる「電界通信タッチタグ入退管理システム」

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×