イントラネット回線との接続を標準提供し安全にアプリの開発・利用が可能に(KDDI、Kii) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

イントラネット回線との接続を標準提供し安全にアプリの開発・利用が可能に(KDDI、Kii)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 KDDIとKiiは29日、業務提携を発表した。30日より、法人向けクラウド基盤「KDDIクラウドプラットフォームサービス」において、イントラネット接続型モバイルアプリ/IoTデバイス開発基盤「mBaaS by Kii」を共同で提供する。

 「mBaaS by Kii」は、モバイルアプリやIoTデバイスのサーバ側機能をクラウドから提供するサービス。ユーザー管理、モノ管理、データ管理、プッシュ通知、位置情報、アプリ分析などを、APIの呼び出しのみで利用できる。また国内で初めてイントラネット回線(KDDI Wide Area Virtual Switch)との接続を標準提供。これにより、アプリの開発・利用を安全に行える。

 利用料金は月額基本料200,000円で、ストレージ100GB・APIリクエスト数月間1,000万回まで利用可能。

KDDI、モバイルアプリ/IoTデバイス開発基盤「mBaaS by Kii」提供開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×