現実社会を闊歩する「Cisco 製のルータの侵害」を発見~悪者をシステムに侵入させる、感染済みのデバイスが 4 つの国で捕らえられる(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

現実社会を闊歩する「Cisco 製のルータの侵害」を発見~悪者をシステムに侵入させる、感染済みのデバイスが 4 つの国で捕らえられる(The Register)

国際 TheRegister

企業や政府のネットワークをハッキングするための先進的な試みの一部として、1 ダース以上のルータが現実的に侵害を受けていたことが分かった。それらの侵害は、すべて Cisco のキットを標的としていた。

それは以前、理論的なリスクでしかないと考えられていた脅威だったが、FireEye/Mandiant が発見した「マルウェアに感染させられたルータ」は、その脅威があまりにリアルだったことを示している。

バックドアを埋め込まれたルータは、標的のネットワークへの足場を攻撃者に提供する。それにより彼らは、他のホストやバックエンドシステムへの踏み台攻撃(stepping-stone attack)を開始することができる。

どのようなルータの技術でも攻撃の対象となる可能性はあったが、FireEye/Mandiant によって発見された「現実世界での感染」は、すべてが Cisco 製のデバイスで起きていた。Mandiant チームは 14 のルータへの侵入行為(それは SYNful Knock と呼ばれている)の実例を、ウクライナ、フィリピン、メキシコ、インドの 4 か国の全域で発見した。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×