オバマが暗号化の全面支持へと歩み寄る──だが彼は、その意味をわかっているのか?~「ノー・バックドア」を語る漏洩メモは、暗号の基本を把握していない(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

オバマが暗号化の全面支持へと歩み寄る──だが彼は、その意味をわかっているのか?~「ノー・バックドア」を語る漏洩メモは、暗号の基本を把握していない(その 1)(The Register)

国際 TheRegister

オバマ政権が「自由な暗号化の全面支持」を表明するか否かを検討している。それは、あらゆる新しい技術にバックドアを設けることを強制的に推進してきた連邦にとって、大きな打撃となるだろう。

しかし、この大統領の提案には「非常に正しい」とは言いがたい部分がある。

The Washington Post は、米国家安全保障会議(National Security Council、以下 NSC)から漏洩したメモを公開したPDF)。そのメモは「当問題に関して行うこと」の 3 つの選択肢を概説している。

最初のひとつを選択した場合、「大統領は、バックドアを導入するための新しい法律や、その他の活動に反対する」ということが明確となる。さらに彼は、暗号化のもたらす利益に賛同した発言をする。

ふたつめは、この問題に立ち返ることを目的に、あらゆる決定を先延ばしにして公開協議へ持ち込むという選択だ。そして第三の選択肢は、問題をうやむやのままにする(忘れられるまで放置する)ことである。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×