セキュリティ向上のため生年月日認証からWebパスワード認証導入へ(JAL) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

セキュリティ向上のため生年月日認証からWebパスワード認証導入へ(JAL)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本航空(JAL)は24日、同社サイトにおける「Webパスワード」認証の導入について発表した。会員情報の参照・変更、マイル実績照会、一部の特典交換などが対象。29日より対応を開始する。

 従来JALでは、JALマイレージバンク(JMB)会員向けサービスの一部手続きにおいて、「生年月日」(数字のみ)での認証を行っていた。今回、セキュリティ向上のため、「Webパスワード」での認証に移行する。JALでは、2014年9月に、JALマイレージバンク(JMB)会員の個人情報75万件が流出するトラブルが発生している。

 「Webパスワード」は、任意の半角アルファベット(大文字/小文字)、半角数字、記号のうち、3種類以上の組み合わせが必須となる。そのため「19781112」といった数字だけのパスワード、「JMB20150」といった2種類だけの文字種のパスワードは設定できない。「Jmb_2015」「Jmb20150」は利用可能。文字数は8桁以上16桁以下。

 なお、設定にあたっては、有効なeメールアドレスの登録が必須。また、JALホームページでのJMB会員ログイン、「JAL予約・案内」などでは、従来の「パスワード(PIN)」が必要。

JAL、Webサイトでの生年月日認証をとりやめてパスワード認証に移行

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×