Yokogawa、大きく開いた SCADA の脆弱性にパッチを適用~パケットの送付でネットワーキングのプロセスが砕かれる(The Register) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

Yokogawa、大きく開いた SCADA の脆弱性にパッチを適用~パケットの送付でネットワーキングのプロセスが砕かれる(The Register)

さらに深刻なのは、攻撃者が任意のコードを実行するために作り出すパケットによって、そのネットワーク通信のプロセスがクラッシュさせられる可能性もあるということだ。

国際 TheRegister
世界の主要な産業ネットワークキットの供給元の 1 つ、日本企業の Yokogawa(横河電機)が、同社製品の 21 の脆弱性に関して世界に警告を発した。

同社の CENTUM、ProSafe-RS、STARDOM、FAST/TOOLS、その他のシステムがリスクに晒されていると、ICS-CERT のアドバイザリは鑑定している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×