韓国で愛用されているワープロソフトのゼロデイ脆弱性を、北朝鮮が狙う~攻撃ネットワーク「Macktruck」と「Hangman」の関連性(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

韓国で愛用されているワープロソフトのゼロデイ脆弱性を、北朝鮮が狙う~攻撃ネットワーク「Macktruck」と「Hangman」の関連性(The Register)

韓国は攻撃される面が大きいのに対し、北朝鮮はインターネットのインフラが非常に小さいので、多くの観察者は北朝鮮が有利だと語る。また北朝鮮政府は「Bureau 121」部隊のハッカーに多額の報酬を与えていると示唆されている。

国際 TheRegister
韓国政府で広く利用されているワードプロセッサのゼロデイ脆弱性に、北朝鮮の攻撃者たちがエクスプロイトを仕掛けていると、FireEye の研究者 Genwei Jiang と Josiah Kimble は語っている。

その攻撃者たちは、先週の月曜(編集部註:2015 年 8 月 31 日)にパッチが配布される前の Hangul Word Processor の脆弱性(CVE-2015-6585)を標的にした。

その攻撃は北朝鮮の人々によるもの、と厳密に断定するのは本質的に困難だ。しかし、その攻撃のペイロードと基盤は、「北」(から来たものであるということ)を強く指していると Jiang と Kimble は語っている。その攻撃と平壌の関与を示すものは何もない。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×