「サイバー インテリジェンス サービス」提供開始、脅威の検出部分を強化(デロイト トーマツ リスクサービス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.24(金)

「サイバー インテリジェンス サービス」提供開始、脅威の検出部分を強化(デロイト トーマツ リスクサービス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社は9月2日、24時間365日のセキュリティ脅威分析サービスとして、9月28日より「サイバー インテリジェンス サービス」の提供を開始すると発表した。有限責任監査法人トーマツの包括代表代行兼アドバイザリー事業本部長である永田高士氏は、「サイバーセキュリティは企業にとって非常に重要な問題であり、サイバーリスクサービスはデロイト トーマツにとっても重要な柱である」と述べた。また、デロイト トウシュ トーマツ サイバーリスクサービスのグローバルリーダーであるテッド・デザバラ氏によるビデオメッセージを紹介、デザバラ氏は同サービスの日本での提供開始を発表するとともに、「今後も企業のサイバーセキュリティを支援していく。新しい支援にご理解いただきたい」とを伝えた。

デロイト トーマツ リスクサービスの代表取締役社長である丸山満彦氏は、サイバーセキュリティサービスの全体像として「ガバナンス」「予防」「発見」「回復」が重要であるとし、今回のサービスの提供により、これまで日本で十分なサービスを提供できていなかった「発見」をカバーし、4つの要素のコンポーネントが揃ったと述べた。これにより、これまでお客様が外部に依頼していたSOCや脅威情報も提供でき、サイバーセキュリティをデロイトのみで完結できるとした。

新サービスの概要については、同社のパートナーである泊輝幸氏が説明を行った。デロイトにはグローバルで約3,500名のサイバーセキュリティ専門家がおり、情報収集やセキュリティ分析を行っている。サイバー インテリジェンス サービスはすでに世界20カ国以上で運用しており、これを日本でも展開することになる。サービスは同社の「サイバー インテリジェンス センター(CIC)」により提供されるが、CICでは「デロイトグローバルで収集、分析した高度なインテリジェンスの提供」「最新のテクノロジーによる24時間365日のセキュリティ脅威分析サービス」「各国のデロイトCICと連携したグローバル対応」などを行っている。

サービスの詳細については、同社のシニアマネジャーである佐藤功陛氏が説明した。新たなサービスは、脅威情報を提供するインテリジェントサービス「Threat Intelligence and Analytics(TIA)」と、SIEMによるログの相関分析をベースとした次世代セキュリティ脅威分析サービス「Threat and Security Monitoring(TSM)」となる。TIAは「Basic」「Standard」「Premium」の3つのメニューが用意され、SIEMへの脅威情報の集約を基本に、情報探索や検知、分析などを提供する。

TSMは24時間365日のセキュリティ脅威分析サービスであり、TIAのインテリジェンスをもとに、インダストリーまたはクライアント固有のビジネスリスクとサイバーリスクとの関連性を踏まえた高度な分析サービスを提供する。メニューには「Standard」「Premium」「Premium Hybrid」が用意される。Standardでは、SIEMはデロイトCICにあり、自社にはログ収集・集約サーバを設置する。Premiumは自社内にSIEMを設置するため、ログなどの情報を社外に出さずに済む。また、サイバー脅威だけでなく、内部不正やコンプライアンス関連のリスクを分析・通知する。Premium Hybridでは、曜日や時間帯によってデロイトに監視を任せることができるようになっている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  4. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  5. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  6. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  7. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  8. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  9. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  10. 自社技術とトレンドマイクロ製品で、ネットワークセキュリティの実証実験(IIJ)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×