マイナンバー取り扱い業務をSaaSで提供、機能は選択が可能(富士通マーケティング) | ScanNetSecurity
2021.09.19(日)

マイナンバー取り扱い業務をSaaSで提供、機能は選択が可能(富士通マーケティング)

富士通マーケティングは、「FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバー SaaS」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社富士通マーケティングは9月2日、「FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバー SaaS」の提供を開始したと発表した。同サービスは、2014年12月に発表した「FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバーシステム」を、クラウド環境でサービスとして提供を行うもの。参考価格は、「アドオンマイナンバー SaaS 基本サービス(保管)」が月額16万円(1,000ID)から、「アドオンマイナンバー SaaS 初期導入サービス」が初期費160万円から。

同サービスは、マイナンバーの取り扱い業務を「収集」「保管」「申告」の3つの機能のうち、自社の運用形態に合わせて必要なサービス機能を選択することが可能。また、法制度変更によるシステム対応については、富士通のデータセンターで実施する。これらにより、ユーザのマイナンバー法対応のコストを抑制することができる。ユーザごとに環境を作成するシングルテナント構成でサービスを提供、またネットワークに閉域網VPNを採用することでセキュリティを確保している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×