標的型攻撃メール対策に有効なメールサービス、マイナンバー制度にも対応(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

標的型攻撃メール対策に有効なメールサービス、マイナンバー制度にも対応(NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本電気株式会社(NEC)は8月27日、企業の社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)対応を支援する「企業向けマイナンバーソリューション」におけるセキュリティ対策サービスのメニューを拡大したと発表した。新たに「ActSecureクラウドメールセキュリティサービス」を同日より販売開始する。同サービスは、マイナンバーを扱う企業に対し、標的型攻撃へのメールセキュリティ対策をNECのデータセンターに構築したクラウドサービスで提供するもので、最短7日で導入が可能な点が最大の特長となっている。

社内のメールサーバでメールを受信する前に、NECのデータセンターに構築した仮想環境上で受信メールの挙動を解析し、未知のマルウェア(添付ファイル型やURL誘導型)などを検出することで、攻撃をブロックする「標的型攻撃メール対策機能」を提供する。これにより、メールによる社内システムへの攻撃を防ぐ。また、標的型攻撃の分析結果などを報告する月次レポートも提供する。さらに、送受信メールの「ウイルス・スパムチェック機能」や、外部宛メールの一時保留・添付ファイルの自動ZIP暗号化などを行う「誤送信対策機能」も提供し、情報漏えいリスクを低減する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×