マイナンバー対策に備え個人情報ファイルのデータ内容や流出経路の特定が可能に(ラネクシー、レピカ) | ScanNetSecurity
2020.12.04(金)

マイナンバー対策に備え個人情報ファイルのデータ内容や流出経路の特定が可能に(ラネクシー、レピカ)

 ラネクシーとレピカは20日、両社の協業によりレピカの個人情報検出ソフト「P-Pointer」とラネクシーのPC操作ログ収集・管理ソフトウェア「MylogStar」が連携することを発表した。個人情報ファイルの特定及びそのファイルに対する操作の証跡管理が可能となる。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 ラネクシーとレピカは20日、両社の協業によりレピカの個人情報検出ソフト「P-Pointer」とラネクシーのPC操作ログ収集・管理ソフトウェア「MylogStar」が連携することを発表した。個人情報ファイルの特定及びそのファイルに対する操作の証跡管理が可能となる。

 「P-Pointer」と「MylogStar」を導入した環境であれば、社内の個人情報データが持ち出された場合でも、個人情報ファイルのデータ内容と持ち出したユーザーや、流出経路を特定することができる。マイナンバーをはじめとした特定個人情報の適切な管理に対応する。

流出ファイルを持ち出したユーザーが分かるマイナンバー対策ソリューションが登場

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×