IaaS「BlueSpider」でマイナンバー対策にも有効な内部不正防止機能を提供(NSW、エンカレッジ・テクノロジ) | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

IaaS「BlueSpider」でマイナンバー対策にも有効な内部不正防止機能を提供(NSW、エンカレッジ・テクノロジ)

NSWとエンカレッジ・テクノロジは、NSWにおけるクラウドサービスで、エンカレッジ・テクノロジのマイナンバー制度に求められる安全対策を備えた内部不正防止ソフトウェア「ESS AdminGate」を提供開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本システムウエア株式会社(NSW)とエンカレッジ・テクノロジ株式会社は8月18日、NSWにおけるクラウドサービスで、エンカレッジ・テクノロジのマイナンバー制度に求められる安全対策を備えた内部不正防止ソフトウェア「ESS AdminGate」を提供開始すると発表した。同製品は、システムを管理するための特権IDとその証跡を管理するソフトウェア。

今回、NSWはエンカレッジ・テクノロジとサービスライセンス契約を締結し、自社IaaSサービス「BlueSpider」でのクラウドセキュリティ対策サービスとして「ESS AdminGate」を活用した内部者の不正防止サービスを提供する。これにより、IT統制の要となる特権ID管理とNSWの運用ノウハウ、ITIL準拠の運用設計サービスおよび運用統合監視サービスを併せて、システムの重要度に応じた適切な情報管理が提供可能となる。同サービスは初期費用30,000円、サーバ1台あたり月額12,000円(100Mbpsベストエフォート回線使用料を含む)にて提供し、初年度50社150サーバの導入を目指すとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×