国内セキュアコンテンツ・脅威管理製品市場、2019年には2千億円を突破(IDC Japan) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

国内セキュアコンテンツ・脅威管理製品市場、2019年には2千億円を突破(IDC Japan)

IDC Japanは、国内セキュアコンテンツ・脅威管理製品市場予測を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
IDC Japan株式会社は8月13日、国内セキュアコンテンツ・脅威管理製品市場予測を発表した。同社では、ソフトウェアとアプライアンス製品を含めた国内セキュアコンテンツ・脅威管理製品市場をエンドポイントセキュリティ、メッセージングセキュリティ、Webセキュリティおよびネットワークセキュリティの4つの機能別市場に分類し、市場規模算出・市場予測を行っている。これによると、これによると、2014年の国内セキュアコンテンツ・脅威管理製品市場の市場規模は1,681億円で前年比成長率が3.1%であった。

2015年からは、サイバーセキュリティ基本法の施行やマイナンバー制度の開始、個人情報保護法の改正といった国政施策が具体的に始まり、ユーザ企業はこれらの対策強化が求められるため、同市場の2014年~2019年における年間平均成長率(CAGR)は4.2%で、2019年の市場規模は2,067億円に拡大すると予測している。エンドポイントセキュリティ市場、ネットワークセキュリティ市場は2019年までCAGR4.6%で成長するとみているが、非シグネチャベースの外部脅威対策製品(標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品)は、2014年~2019年のCAGR27.8%、2019年の市場規模は177億円と予測している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×