IoTへと繋がる監視カメラ、物理セキュリティ、今後期待されるのは? | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

IoTへと繋がる監視カメラ、物理セキュリティ、今後期待されるのは?

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 7月31日、ソラシティ カンファレンスセンター(東京都千代田区)にて、「IoT World Conference」が開催された。

 「IoT World Conference」では、「IoT(Internet of Things)=世の中のモノをインターネットに繋ぐという概念」に関連した、さまざまなセミナーを実施。なかでも今回は、『IoTへと繋がる「監視カメラ」「物理セキュリティ」の今』と題された監視カメラのIoTに関する講演について紹介していこう。

 プレゼンターは、ネットワンパートナーズのマーケティング&ビジネス開発部の醍醐朝和氏。講演の前半では、監視カメラに代表される物理セキュリティの概念、市場の状況、トレンド、今後の展望について説明。後半でネットワンパートナーズが取り扱っている米・Cisco(シスコシステムズ)社の監視カメラシステムを例に出し、IoTを実現するソリューションの紹介を行った。

●IoTと親和性が高い監視カメラシステム

 「IoT」は昨今、さまざまな場所で見聞きする言葉だが、監視カメラ市場においては、アナログカメラからネットワークカメラへと主流が切り替わりつつある中で、既にIoTに向けた歩みがはじまっている。

 例えば、スマートフォンやタブレットを使った、ネットワークカメラの映像の遠隔監視。これまでのアナログカメラなら、カメラに直接接続されたモニターの前で監視する必要があったが、ネットワークカメラなら、インターネット回線を通じて、スマートフォンやタブレットをモニター代わりにどこからでもカメラがとらえた「今」を確認することができる。

 また、監視カメラ同士がインターネット回線によって1つに繋がることで、固定カメラとPTZカメラなどを連動させた映像監視が可能となった。具体的には、固定カメラで広域を撮影をしておき、何か不審な人や物を確認した際には、近くにあるPTZカメラで追跡したり、ズーミングするといった連携を遠隔操作で行えるといったことが挙げられる。

 醍醐氏が本講演で監視カメラ市場におけるIoT化の具体例として挙げていたのは、次の4項目。

・カメラ内での画像処理
・カメラ同士の連携
・自動車ナンバーの認識
・その他システムとの連携

 カメラ内での画像処理というのは、カメラの画角内に検知エリアを設定し、そこに人が侵入したり、モノが置かれたら通知する機能を指しており、警備やセキュリティ用途、高齢者の徘徊防止、人数や滞在時間のカウントといったマーケティング用途に活かすことができる。

 カメラ同士の連携に関しては、前述の通り。また、自動車ナンバーの認識に関しては、走行中のクルマのナンバーを自動で撮影・取得し、データ化して、警備用途から、交通監視、マーケティングに活用できる技術を指す。

 そして、IoTという概念で考えると、もっとも今後期待されているのが「その他システムとの連携」という項目。入退室管理システムと連携させて、認証が行われた際に監視カメラで入退室者の顔を自動で撮影したり、センサーやビーコンと連動させて、監視エリアで人を検知した時に確実に監視カメラでとらえるということが可能だ。

 現在では、顔認証技術の進化もめざましく、監視カメラと連携させて、警備やセキュリティからマーケティング用途での利用を想定したソリューションも世に出ている。

 将来的に街全体がIoT化していけば、特定の人物(テロリストなど)の行動を逐次追うことができたり、人々の日常生活をビッグデータ化できる時代が来るかもしれないし、現実にそうした方向で技術開発は進んでいる。

●今後の課題は運用体制と法整備

 監視カメラ市場においては、社会のIoT化に向けた準備は着実に進んでいる一方で、醍醐氏は、運用ガイドラインや法律面での整備の必要性を指摘。2020年の東京五輪に向けて、そうした法整備も進んでいくだろうと予想している。

 監視カメラの高解像度化や高性能化に伴い、飛躍的に収集できるデータの量や種類が増え、今後もその流れは加速していくだろう。しかし、撮影される側のプライバシー問題、集められたデータは誰のものなのか?という権利に関しての問題など、運用面での明確なガイドラインや、法整備に関してはまだまだ十分ではない。

 監視カメラ、物理セキュリティ市場においては、今後さらなる技術の進歩が予想されるが、IoTによる便利で快適な社会を実現していくには、遅れがちな運用のガイドラインの設定や、法整備も急務だといえるだろう。

 

監視カメラ・物理セキュリティの側面から見るIoTの今

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

    C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

  2. CODE BLUEのハッキングコンテストで優勝、賞金2万ドルを獲得(NHNテコラス)

    CODE BLUEのハッキングコンテストで優勝、賞金2万ドルを獲得(NHNテコラス)

  3. x86 アーキテクチャに潜む脆弱性、未定義命令実行後の挙動

    x86 アーキテクチャに潜む脆弱性、未定義命令実行後の挙動

  4. 2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

  5. イスラエル発の国際セキュリティ会議「Cybertech」、11月30日開催(Cybertech Tokyo 運営事務局)

  6. DMARCの国内ISP導入事例

  7. Scan勉強会「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」開催(イード)

  8. サイバー犯罪対策、産学官連携の成果 -- JC3 間仁田氏報告

  9. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第5回「知らないと困る?! 認証局とHTTPSの最新動向」について語る

  10. 超音波サイバー攻撃技術「ソニックガン」、中国ハッカーが公表

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×