UTM「Sophos SG」シリーズに802.11ac無線LAN機能採用モデルを追加(ソフォス) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

UTM「Sophos SG」シリーズに802.11ac無線LAN機能採用モデルを追加(ソフォス)

ソフォスは、「802.11ac」の無線LAN機能を標準搭載したUTMアプライアンス製品「Sophos SG 125w」および「同 135w」を出荷開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ソフォス株式会社は8月3日、「802.11ac」の無線LAN機能を標準搭載したUTMアプライアンス製品「Sophos SG 125w」および「同 135w」を同日より出荷開始したと発表した。これは、企業のオフィス環境において画像や動画などの大容量データを扱うアプリケーションを複数のモバイルデバイスで利用するケースが増え、802.11acの無線LAN機能を採用する企業が増えたことに対応したもの。今回の新モデルの追加により、既存の802.11n対応モデル「Sophos SG 105w」および「同115w」の4モデルとなり、シリーズ全体では標準モデルもあわせて合計16モデルのラインアップとなる。

「Sophos SG 125w」および「同 135w」は、ファイアウォール、アンチウイルス、IPS、アンチスパム、メール暗号化、DLP、Webフィルタリング、WAFなどのセキュリティ機能を、ユーザのニーズに合わせて組み込むUTMアプライアンスに、3本のアンテナを標準装備した無線LAN内蔵モデル。無線通信にVPNを使用しているため、暗号化との組み合わせで多重のセキュリティ対策が施せるようになり、オフィス内の無線LAN環境の脆弱性を最小限に抑えられるとしている。参考価格は、「Sophos SG 125w」が205,400円(4GBメモリ/320GB HDD/1GbE copper x 8)、「Sophos SG 135w」が262,600円(6GBメモリ/320GB HDD/1GbE copper x 8)。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×