社長に本富氏を迎え、日本市場の販売活動を強化(デジタルガーディアン) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

社長に本富氏を迎え、日本市場の販売活動を強化(デジタルガーディアン)

デジタルガーディアンは、日本市場の販売活動を強化すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
デジタルガーディアン株式会社は7月30日、日本市場の販売活動を強化すると発表した。具体的には、セキュリティ業界での豊富な実績を持つ本富顕弘氏を日本法人の社長に抜擢し、日本市場での新たな事業展開を開始する。同時に、従来のエンドポイント・セキュリティ・ソリューションを強化し、次世代のエンドポイント・セキュリティ・ソリューションで日本企業のセキュリティ戦略を支援するとしている。

日本市場では、情報漏えい対策に加え、セキュリティの可視化、デバイスの制御などの機能をマーケティング活動を通して啓発し、営業活動を強化していく。特に、海外展開をしている製造業をターゲット分野とし、また営業戦略ではパートナーエコシステムを強化していくという。製品面の強化では、従来のエンドポイント・セキュリティ・ソリューションに加え、5月に買収した制御機器向けホワイトリスト・セキュリティ「Savant」の日本市場立上げに注力するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×