SNS利用動向の調査結果を公開、若年層だけでなく40~50代以上の年齢層にも拡大(ICT総研) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

SNS利用動向の調査結果を公開、若年層だけでなく40~50代以上の年齢層にも拡大(ICT総研)

 ICT総研29日、2015年度のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)利用動向に関する調査結果を公開した。SNS運営会社・関連企業への取材を行うとともに、インターネットユーザー4,227人にアンケートを行っている。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 ICT総研29日、2015年度のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)利用動向に関する調査結果を公開した。SNS運営会社・関連企業への取材を行うとともに、インターネットユーザー4,227人にアンケートを行っている。

 それによると、日本国内におけるSNS利用者は2014年末時点で6,023万人。2015年末には6,451万人に達する見込みで、1か月平均で約36万人の利用者増となる。若年層だけでなく40~50代以上の年齢層にもSNSが拡大しており、登録者数・利用者数ともに増加傾向が見られるという。

 7月に実施したアンケート調査では、4,227人のアンケート対象者のうち72.9%が「人とのコミュニケーション」を行う目的でSNSや通話・メールアプリを利用していると回答した。おもなサービスの利用率は「LINE」57.5%、「Twitter」36.6%、「Facebook」34.7%、「Skype」11.4%、「Google+」11.4%、「Instagram」10.9%、「mixi」10.1%、昨年との比較では、LINE、Instagramの利用率の伸びが大きい。

 SNSの「コミュニケーションツールとしての満足度」を聞くと、「Instagram」がもっとも高く74.2ポイント、次いでLINEが「73.3」ポイントだった。3位「Twitter」70.9ポイント、4位「Skype」68.5ポイント、5位「Facebook」65.7ポイント、6位「Google+」61.7ポイント、7位「mixi」59.2ポイントとなった。

 また「利用時間」について1年前との比較をしたところ、「LINE」利用者の51.7%が、「利用時間が増えた」(「増えた」「どちらかと言えば増えた」の合計)と回答。「Instagram」はさらに多く、77.3%の利用者が、「利用時間が増えた」と回答した。他SNSは「Facebook」31.7%など、大きくこれらを下回っていた。

SNS、「Instagram」の利用時間増が顕著に……ICT総研調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×