Black Hat 2015 では、SCADA やモバイルの脆弱性が 32 件投下される~ハッキングの嵐が吹き荒れようとしている(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.04(木)

Black Hat 2015 では、SCADA やモバイルの脆弱性が 32 件投下される~ハッキングの嵐が吹き荒れようとしている(The Register)

端的に言えば、セキュリティに精通した専門家たちが『最も大きな脅威だ』と見なすものに対して、多くの大企業では時間、予算、そして人材リソースを費やしていないということが、その調査で示されている。

国際 TheRegister
管理者たちよ、覚悟を決めろ──研究者たちは、8 月にラスベガスで開かれるハッキングの祭典 Black Hat で、32 件のゼロデイ脆弱性を投下する予定だ。

それらの脆弱性の情報は公表されていないが、それらはモバイルデバイスや SCADA(Supervisory Control and Data Acquisition)システム、その他のプラットフォームに影響するだろう。

報告によると、「そのイベントで、我々は 32 件の異なるゼロデイ脆弱性を公開する」と Black Hat のゼネラルマネージャ Steve Wylie は述べた。「それらのゼロデイ脆弱性は、モバイルや SCADA などの広い範囲の話題で語られるものだ」

※本記事は Scan PREMIUM に全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子

《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×