Black Hat 2015 では、SCADA やモバイルの脆弱性が 32 件投下される~ハッキングの嵐が吹き荒れようとしている(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

Black Hat 2015 では、SCADA やモバイルの脆弱性が 32 件投下される~ハッキングの嵐が吹き荒れようとしている(The Register)

端的に言えば、セキュリティに精通した専門家たちが『最も大きな脅威だ』と見なすものに対して、多くの大企業では時間、予算、そして人材リソースを費やしていないということが、その調査で示されている。

国際 TheRegister
管理者たちよ、覚悟を決めろ──研究者たちは、8 月にラスベガスで開かれるハッキングの祭典 Black Hat で、32 件のゼロデイ脆弱性を投下する予定だ。

それらの脆弱性の情報は公表されていないが、それらはモバイルデバイスや SCADA(Supervisory Control and Data Acquisition)システム、その他のプラットフォームに影響するだろう。

報告によると、「そのイベントで、我々は 32 件の異なるゼロデイ脆弱性を公開する」と Black Hat のゼネラルマネージャ Steve Wylie は述べた。「それらのゼロデイ脆弱性は、モバイルや SCADA などの広い範囲の話題で語られるものだ」

※本記事は Scan PREMIUM に全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子

《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×