ゲーム配信プラットフォームSteamのパスワード変更システムに不具合、ハッキングの恐れも | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

ゲーム配信プラットフォームSteamのパスワード変更システムに不具合、ハッキングの恐れも

言わずと知れたValveのゲーム配信プラットフォームSteamですが、パスワード変更システムに不具合が発見され、ハッキングの恐れがあったことを複数の海外メディアが報告しています。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
言わずと知れたValveのゲーム配信プラットフォームSteamですが、パスワード変更システムに不具合が発見され、ハッキングの恐れがあったことを複数の海外メディアが報告しています。

今回の不具合はパスワード紛失の際の再設定時に発生していたもの。本来、パスワードの再設定は申請後に登録メールアドレスに送られてくる「認証コード」を入力して、新たなパスワードを設定するという手順。不具合では、その「認証コード」を入力せずに再設定が可能な状態であり、ユーザーIDを入力するだけで、誰でもパスワードを変更できる状態だったとのことです。

参考動画
オーストラリアのKotakuに寄せられたValveのコメントによると、不具合は7月21日から25日まで発生しており、現在は修正済みであると伝えています。なお、パスワードが変更されていた場合でも、認証されていないPCからのアクセスをブロックする「Steam Guard」によって、不正ログインは阻止されていると報告しています。

また、今回の不具合の被害を受けた可能性のあるアカウントはパスワードリセットが実施されており、該当するアカウントにはパスワード変更が推奨されています。心当たりのある方はチェックしておくとよさそうです。

Steamでパスワード設定バグが報告―一時的に認証無しで変更可能に

《水京》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×