過去の入学試験の志願者・合格者の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(大阪府立大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

過去の入学試験の志願者・合格者の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(大阪府立大学)

大阪府立大学は7月17日、同大学羽曳野キャンパスの事務所内において学生等の個人情報が保存されたUSBメモリ1個を紛失したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
大阪府立大学は7月17日、同大学羽曳野キャンパスの事務所内において学生等の個人情報が保存されたUSBメモリ1個を紛失したと発表した。

これは7月6日に同大学職員が施錠ができない机の引き出しにUSBメモリを片付け、7月8日に改めて引き出しを確認したところUSBメモリが無くなっていることに気付いたというもの。すぐに引き出しの中や机の周辺を捜したが発見には至らなかったという。

紛失したUSBメモリには平成24年度~26年度の入学試験等に関する下記情報が記録されているとのこと。

1.地域保健学域 看護学類入学試験に関する志願者の氏名、住所、出身高校、生年月日、合否情報(延べ680人分)
2.大学院 看護学研究科入学試験に関する志願者の氏名、住所、出身高校、生年月日、合否情報(延べ117人分)
3.大学院 看護学研究科の出願資格認定審査に関する申請者の氏名、出身学校・勤務先等の履歴、論文等研究実績(延べ31人分)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×