6 万 5千台の Range Rover が「ドアの」ソフトウェアの不具合でリコール~そう、ドアのソフトウェアだ──おそらくは Heart of Gold 号のような(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

6 万 5千台の Range Rover が「ドアの」ソフトウェアの不具合でリコール~そう、ドアのソフトウェアだ──おそらくは Heart of Gold 号のような(The Register)

「このリコールは賢明な判断だ。自動車企業が、犯罪の脅威の進化に対処するべく適切な措置を講じているのは良い傾向である。他の多くのことと同様に、車両犯罪にもデジタル化が起きている」

国際 TheRegister
Jaguar Land Rover が、6 万 5 千台もの SUV のリコールを行っている。それは、車両が自らドアロックを解除する問題──運転中にも解除される可能性がある──を引き起こす、ソフトウェアの不具合によるリコールだ。

この「ハイジャックによる車両窃盗のリスクを作り出す可能性のある問題」は、過去 2 年間に英国で販売された Range Rover、および Range Rover Sport の車両に影響するものだと BBC は報告している。この欠陥では、たとえドアが「閉じた」ポジションに設定されているときでもロックが外れたままになる可能性があるため、その車両が移動中であってもドアが開く可能性がある、と Automotive News は説明している

※本記事は Scan PREMIUM に全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×