品川区が「サイバー攻撃自動防御ソリューション」で標的型攻撃対策の実証実験(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

品川区が「サイバー攻撃自動防御ソリューション」で標的型攻撃対策の実証実験(NEC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

日本電気株式会社(NEC)は7月17日、東京都品川区の標的型攻撃などに対するセキュリティ対策検討において、NECの「サイバー攻撃自動防御ソリューション」をもとに実証実験を実施したと発表した。これは、約100のITシステムが存在する品川区が、これらのシステムを安全に運用するために標的型攻撃などの対策を検討、実証実験を行ったというもの。

実証実験は2015年1月から3月まで実施した。1月に稼働したSDNによる全庁ネットワーク基盤を活用し、NECのSDN対応製品によるネットワーク制御機能と、トレンドマイクロのセキュリティ脅威検知・解析製品を組み合わせることで、サイバー攻撃検出時の状況に合わせた初動対応の自動化を検証した。品川区は本実証実験により、ウイルスの検知から初動対応までのスピードが従来の約30分から、自動化により即時対応可能になることを確認したという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×