マイナンバーの開始を控えデータセンターの設備および情報セキュリティー体制の強化・拡充を図る(TKC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

マイナンバーの開始を控えデータセンターの設備および情報セキュリティー体制の強化・拡充を図る(TKC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 TKCは16日、クラウドサービスの利用拡大やマイナンバーの開始を控えて、データセンターの設備および情報セキュリティー体制の強化・拡充へ取り組むことを発表した。

 同社は震度7でも継続使用できる免震構造や、72時間以上の非常用バックアップ発電、雷対策、窒素ガス消火システムなどを備えた1,000坪超のデータセンター「TKCインターネット・サービスセンター」を運用しており、災害やセキュリティー対策に強い運用サービスを特徴としている。

 今回更なる設備・情報セキュリティー体制の強化拡充として、クラウド共通基盤では、12月までに富士通の仮想化環境専用ストレージ「ETERNUS TR series」のへの順次移行を行う。

 情報セキュリティーに関わる設備の強化・拡充としては、マイナンバー制度の導入に合わせて、クラウド共通基盤に最適最新鋭のファイアウォール設備を12月末までに導入する。

 同時に情報セキュリティー体制の強化・拡充として、現在国際規格の策定作業が進められている「ISO/IEC27017」(クラウドサービスにおけるISO/IEC27002に基づく情報セキュリティ管理策実践のための規範)の認証取得を目指す。

 同社では設備・対策強化拡充に伴う投資額として、約1.5億円を見込んでいる。

TKC、マイナンバー制度に向けデータセンターの設備・セキュリティー体制の強化拡充

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×