統合認証ソリューションの新バージョン、より強固な認証が容易に(オージス総研) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

統合認証ソリューションの新バージョン、より強固な認証が容易に(オージス総研)

オージス総研は、統合認証ソリューション「ThemiStruct-WAM」の新バージョンの提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社オージス総研は7月14日、統合認証ソリューション「ThemiStruct-WAM」の新バージョンを同日より提供開始したと発表した。同ソリューションは、OpenAMをコアとしたエンタープライズ環境にも対応する統合認証ソリューション。新バージョンでは、ソーシャルログイン対応やリスクベース認証、端末の固有情報による認証(インベントリ認証)などを追加している。

ソーシャルログイン対応では、FacebookやGoogleなどのソーシャルアカウントでのログインが可能になった。またリスクベース認証では、時間帯、ネットワーク(IPアドレス)、デバイスなどの情報から、通常のアクセスパターンに合致した利用か否かを判定するもの。ユーザが普段利用していないデバイスからのアクセス時に追加認証を要求する。インベントリ認証では、ユーザが使用している端末の固有情報を用いて認証を行うもので、より強固な不正アクセス対策が可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×