ヴィーガン(Vegan)は、牛肉(BeEF)を検出して食べる~それでも不快な味は残されたまま(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

ヴィーガン(Vegan)は、牛肉(BeEF)を検出して食べる~それでも不快な味は残されたまま(The Register)

「OS の種類に関わらず、私の保護(Vegan)を簡単に配備し、HTTP と HTTPS をシームレスに処理し、この難所から問題に取り組むことができるようにするため、それ(Vegan)を Chrome に構築しようと私は決断した」

国際 TheRegister
「ボットネット殺戮者」として知られる Brian Wallace が、ひとつのモジュールを作り出した。そのモジュールは、人気の高い「BeEF(Browser Exploitation Framewor)」を攻撃者が利用したときに、それを検知するものだ。

この Chrome の拡張機能(コードネーム「Vegan」)は、「強力であると悪名高い BeEF を利用した攻撃者たちが、ブラウザインスタンスを攻撃する際、被害者たちがそれを検出できるようにするための機能」である。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×